ジェルコリフォームデザインコンテスト

ジェルコリフォームデザインコンテスト2014
全国部門別最優秀賞

リビング・ダイニング部門


【プラン決定のポイントと工夫】

施主様のご希望は「明るく広い空間の部屋」と「家が寒く、床が冷たいので暖かくしてほしい」などでありました。

リビングとダイニングを隔てる壁が日中でも薄暗さを感じましたので、ご希望の開放的な広さと居住性を考えワンルームに設計いたしました。清々しく風通しの良い明るい大空間となりました。

寒さ対策は、積雪寒冷地に見合った断熱を重点的に行いました。

断熱工事は1、2階の内壁を撤去し、グラスウールを充填し、床下は発砲ウレタンを吹きつけ寒気の原因となる隙間を塞ぎました。

また、床の冷たさはリビングとダイニングに電気式床暖房を採用。

希望通りの明るい空間のリビングダイニングと家全体を断熱材で包み込むことで暖かい家に生まれ変わりました。
選択した性能向上の特性で特に配慮した点

断熱工事は1、2階の内壁を撤去し、古い断熱材を取り除きます。

気密性を高めるためには寒気が進入しないよう、細かい目地や隙間に発砲ウレタンを注入し、気密が確保されたのち、高性能グラスウールを充填し、仕上げに気密シートを隙間無く張り上げました。
リフォーム概要

該当部分工事費
350万円
総工事費
700万円
改装面積
86㎡※増築・減築の面積を除く


間取り

未来を見すえた家づくり。新築と住宅リフォームをお考えなら、お声掛けください。


ジェルコリフォームデザインコンテスト2017
全国部門別最優秀賞

リビング・ダイニング部門

応募部門 リビングダイニング

【施主様ご要望:リフォームの動機】

好みのヴィンテージ風デザインと家族がゆたっり暮らせる我が家が理想。子供の成長と共に賃貸マンションが手狭になり、希望地域等を考慮して中古住宅をリノベーションすることにした。

【プラン決定のポイントと工夫】

吹抜けスペースのありがちなリビングではなく、ダイニングに設定し、より開放感を演出。耐震等級1への改修や柱や梁の補強方法を考えながら、長期優良住宅S基準を満たした。

【施主様ご感想:満足度など】

耐震政策や省エネにも配慮したので光熱費を抑えることが出来た。自然素材でぬくもりを感じ、長期優良住宅S基準により補助金を受け取ることが出来て施主様の満足度が高い。

【性能向上の特性】

耐震性

【選択した性能向上の特性で特に配慮した点】

断熱性や延焼に対する安全性向上の為、ロックウールによる付加暖熱を採用。耐震性能を耐震等級1へ改修。

【設計上の性能数値】

劣化対策等級3、耐震等級1、維持管理対策等級3、断熱性能等級4

築年数41年
木造2階建て

該当部分工事費
1700万円
総工事費
1700万円
改装面積
128㎡※増築・減築の面積を除く
リフォーム前

リフォーム後