耐震・免震

建築年度で耐震性をチェック

建築基準法は、安全で安心して暮らせる社会を築くために、みんなで守らなければいけない、建物に関する最低限の基準を定めたものです。 時代に応じた基準を柔軟に盛り込む改正が頻繁に行われており、特に大規模な地震災害とともに、建物の耐震基準も大幅に改正されてきました。 みなさんがお家を建てられた当時の建築基準と、現行の建築基準に大きな違いがないか、チェック表で確認しましょう!

耐震年表

耐震年表

チェック表の使い方

建築年度を確認して下さい。
表の右側は、建築基準の中でも耐震性に関する項目です。
建築年度より上の部分が、あなたのお家に適用されている建築基準です。
逆に建築年度より下の部分は、あなたのお家には適用されていない項目です。
背景の色と右側の表を照らし合わせて、建築年度から判断する耐震性の判定を行なって下さい。

地盤の改善

1. 沈下修正
沈下した分だけ修正する方法。比較的安価ですが、応急処置的なものになります。

2. 支持地盤まで杭を打ち、基礎を乗せる
家をジャッキアップして杭を打ち込みます。高額になるのが難点です。

3. 地盤改良する
家を持ち上げて別の場所に移動するか、1階の床をすべて剥がして施工します。これも高額になります。 既に家の立っている土地を改良するのはやはり困難です。建てる前に地質調査・地盤改良を行う方が効果的です。

基礎の補修

1. ひび(クラック)の補修
ひび割れが生じている箇所にエポキシ樹脂を注入して塞ぎます。

2. 無筋コンクリート基礎の有筋化
既設の無筋基礎の外側に、鉄筋コンクリート造の基礎を抱きあわせ、一体化して補強します。

基礎の補修

壁の補強

壁を補強すると言っても、闇雲に壁を強くするのでは偏心率(重心と剛心の距離)は改善されません。必ず、精密耐震診断の結果から補強の必要な箇所を割り出し、的確な位置に的確な強度の壁を補強する必要があります。

1. 交いを入れて補強する
梁から土台の間に筋交いを入れることで、バランス・耐力を向上します。

2. 構造用合板を用いて補強する
筋交いを入れる場合と同様、壁の耐力を向上します。最近では梁・土台の加工が必要ない補強方法もあります。

3. 開口部を減らして新しい壁を増やす
壁を増やすことでバランスを改善します。隅部を壁にすると、一層効果的です。

壁の補強

土台・柱下の改善

土台・柱下の改善

土台が腐朽または蟻害を受けている場合や、柱下が痛んでいる場合など、土台の取り替えや柱根継ぎを行う必要があります。 なお、取り替え材には必ず防腐・防蟻処理を行ってください。 また、腐朽・防蟻対策として、床下に調湿炭を敷き詰めることも効果があります。

接合部・その他

その他にも、診断の総合評点に反映される「屋根の軽量化」や、反映はされませんが部分的な欠陥の改善として「接合部の補強」など、重要性の高い補強があります。

基礎と柱を緊結する

壁が強くなることで、柱のホゾ抜けが起こりやすくなります。それを防止するために、ホールダウン金物を使用し、コンクリート基礎と柱を直結します。またホールダウン金物には、壁の中に金物を収める「内付け」と、外側に設置する「外付け」があります。

基礎と柱を緊結する

屋根を軽くする

重量のある日本瓦を、軽量な材質に取り替えることも、耐震性の向上に有効です。

屋根を軽くする

バットレス(添柱・控柱)を設置する

バットレス(添柱・控柱)を設置する

建物の内部では強い壁の設置ができないときには、筋交いと同様の効果を発揮するバットレスを外側に設置します。